公益社団法人 日本地すべり学会 新潟支部 The Japan Landslide Society,Niigata Branch


シンポジウム資料

 ・シンポジウム・講演会テーマ欄のリンクバーをクリックすると、表紙と目次が表示されます(pdf形式)。
 ・第32回は本部と共催のため、支部としては販売しておりません。
 ・定価には消費税が含まれております。 
 ・まとめ買いをする場合、割引に応じますのでご相談ください。      
 ・在庫・・・◎:多量(100部以上) ○:十分 △:わずか ×:なし               注文用紙(excel形式)         注文用紙(pdf形式)
      品切れの際はご容赦願います。
      送料は別途申し受けます(詳しくは注文用紙参照)。

在庫を値下げしました     2017.6.30現在

シンポジウム・講演会テーマ 発行年 体裁 定価 在庫
45 UAV・SfM技術の地すべり研究への応用 2017 A4  2,000
44 地震時地すべりの研究動向と対応計画 2016 A4 1,500
43 土砂災害危険度評価と土地利用−土砂災害防止法と新たな課題− 2015 A4  1,000
42 豪雨災害,地震災害から10年  2014 A4  500
41 地すべり災害への新たな取り組み 2013 A4 500
40 地すべり研究の現状と展望 2012 A4 500
39 土砂災害に関わる危険度評価とリスクマネージメント 2011 A4 500
38 気象変動と斜面災害 2010 A4 500
37 災害から復興した地すべり地を巡る−新潟大会現地見学会にむけて− 2009 A4 300
36 新潟県の地すべり災害と対策の歴史を学ぶ 2008 A4 300
35 新潟県中越地震と地すべり-その5・順調に進む被災地の地すべり対策- 2007 A4 300
34 新潟県中越地震と地すべり-その3・中山間地の復興にむけて- 2006 A4 300
33 新潟県中越地震と地すべり-その1・災害調査報告会- 2005 A4 300
31 すべり面をめぐる諸問題 2003 A4  200
30 大規模土工と地すべり (特別講演:パナマ運河と地すべり) 2002 A4 200
29 地すべり対策の変遷 2001 A4 200
28 地すべり防止施設の維持管理と問題点 2000 A4 ×
27 平成10年8月豪雨に伴う新潟の土砂災害について 1999 A4 200
26 新潟の地すべり 1998 A4 200
25 地すべりと地形形成 1997 A4 ×
24 気象変動と地すべり 1996 A4 200
23 地すべりとはなにか? 1995 A4 200
22 地すべり事業の21世紀への提言 1994 B5 100
21 地すべり活動と観測 1993 B5 100
20 深層地すべり面の確認について 1992 B5 100
19 地震と地すべり 1991 B5 100
18 地すべり技術基準の適用について 1990 B5 100
17 地すべりと地下水について 1989 B5 100
16 雪と地すべりについて 1988 B5 100
15 地すべり計測技術の現状と問題点 1987 B5 100
14 地すべり防止対策のための調査の現状と将来の課題 ほか 1986 B5 100
13 地すべり多発地域における道路構造、大所川第三発電所の地すべりについて 1985 B5 100
12 阿賀野川沿岸の地すべりについて 1984 B5   ×
11 地すべり対策防止工事の効果と斜面安定(2) 1983 B5   ×
10 地すべり対策防止工事の効果と斜面安定(1) 1982 B5   ×
9 56豪雪について、濁沢地すべりについて、中束地すべりについて 1981 B5   ×
8 地すべり抑止杭について 1980 B5   ×
7 地すべりの人為的誘因と運動について、地すべりの安定解析 1979 B5   ×
6 チェコスロバキアの地すべり、対策のための地すべり調査法 1978 B5   ×
5 地すべり 1977 B5   ×
4 地下水 1976 B5   ×
3 地すべりの判定法 1975 B5   ×
2   1974 B5   ×
1 (設立総会、記念講演) 1973 B5   ×

出版物紹介ページに戻る          トップページに戻る